通信講座で医療事務の資格を取ろう|空いた時間で無理なく学習

プロの講師による指導

作文用紙

大学受験や看護学校受験の時、小論文は必須の受験項目です。小論文は主に高校生頃に国語の授業などで少し触れる程度しか学習しません。そのため、多くの学生は受験でいざ小論文を書こうとしてもなかなかうまくいかずに困ってしまうのです。高校3年生の夏休みに夏期講習として小論文の講座が開かれますが、日数が短く受験に必要な小論文を書く力が身につきません。そこで、通信制の小論文講座を受講して自分の書いた作品を添削してもらいましょう。通信制の講座なら自宅で添削を受けられるので、他の科目の勉強を疎かにすることがなくなるはずです。
通信の小論文講座はあらかじめテキストを購入して、自分で作品を仕上げていきます。書いた作品はすぐに添削してもらえるので、今後の作成に活かすことができるでしょう。また、コースによっては添削した作文をその日にうちに返却してもらえる場合があります。急に添削済みの小論文が必要になったときなどに利用すると良いでしょう。ほとんどの通信講座では、添削スケジュールというものが組まれています。例えば、月曜日に提出されたものは、二日後の水曜日に返却するという仕組みです。通常、この添削はプロの講師によって行なわれるので、安心して任せることができるはずです。そして、リライトというサービスをしている場合があります。自分が書いた作品を講師が分かりやすく伝わる文章になるように書きなおしてくれるのです。リライトのサービスを利用すれば、より質の良い小論文を書くことができるはずです。